Comunicare(コミュニカーレ)に寄せられたお客様の声です。 

 

 
 Comunicare(massimo!)  Comunicare(speciale!!)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■Comunicare(Extra!) by FUN -17/4/19(水) 12:02- ────────────────────────────────────  Comunicare(Extra!)、D−ラジを追加装着してから、私も燃費が向上しました。 いつも高速での回転数でエンジンの状態をチェックしてますが、イーテック未装 着ノーマル時で、100キロ/1900RPM位だったのが、最近のDラジ追加及び Comunicare(Extra!)の装着で1680RPM位にまで下がりました(OBDII計測)。 回転数で言うと12%位下がり、燃費では正確なデータでの比較ではありません が、10%近く向上していると思います。特にComunicare(Extra!)を装着してか らはっきりとした違いが体感できました。  私の場合、バッテリーのマイナス端子側の方により多くのイーテック商品を装 着しているので、バランス的な物も含めて今回のプラス端子側に装着したのと、 Comunicare(Extra!)本来のポテンシャルで向上したものと思われます。 皆さんの様な素晴らしいデータではありませんが、2tを超える車でのこの変化 はうれしい限りです。 今迄、極端な燃費の向上は無かったので、12万キロを超えてからの燃費向上に脱帽でした。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■Comunicare(Extra!) インプレッション by フラン  -17/3/28(火) 18:21-
────────────────────────────────────

Comunicare(Extra!) テスト版を夜中にバッテリーの+端子につけ、次の日の昼間
に乗り出したところ、アクセルが重くなっていることにまず気付きました。「もし
かして、 早速ECUのリセットが必要?」と驚いてしまいました。装着してしばら
く置いておいただけでエンジンに変化が生じ、ECUの学習データとの違いがアクセ
ルが重いという現象として現れたのです。これほどのエネルギーを秘めているとは
予想をしていませんでした。


そこで、ECUをリセットし、しばらくアイドリングをして歳学習をさせたところ、
アクセルのふみ心地が元に戻ったので、改めて乗り出しました。すでにトルクア
ップ、音響の澄み方などに効果が出ていました。D-ラジの上にさらにトルクがか
ぶさったものですから、ほんとにアクセルをほとんど踏まずに走行してしまいま
した。(ちなみにこの後にエンジンのオイルパンにOLSTを、サイドシルにDiritto
☆14&26を付けたわけですから、今はほとんど最強状態です)

そして次の日、リアゲートを開けたところ、いつもより力が必要になっていまし
た。ボディ全体が引き締まっている感じです。さすがは、BLBやEBとならんで、
車全体のポテンシャルアップをするワイヤードシリーズのことだけあります。
でも、エンジンルームの最前部につけて、リヤゲートの剛性感まで変えるとい
うことで、このExtra!版のエネルギーのすごさを改めて実感しました。車体の
剛性感(特にフレームや開口部の「密度感」)の増加に加え、ヘッドライトもさ
らに明るくなりました。HIDランプの必要性をもう感じませんね。

ちなみに、FIT3は無段階変速のCVTなので定速走行時にはそれに合ったエンジ
ンの回転数になります。50km/h定速走行の場合、D-ラジ装着以前は1800回転を
上回っていたのですが、D-ラジ装着で1600回転に落ち、Comunicare(Extra!)開
発版装着によって、なんと1200回転にまで下がってしまいました。それだけト
ルクが出ているんですね。
ちなみに、出勤(朝7時)するときの気温はまだ-3℃前後で暖気しながら運転す
るのですが、その時の回転数がほぼ1200回転なんです。ですから、加速時にか
るくアクセルにさわって、流れに乗ったらアクセルから足を放すと、ちょうど
よい速度で進むようになってしまいました。そして、暖気が終わるころには一
段高い場所にある職場への登り坂のため、改めてかるくアクセルにさわると、
エンジンが自分からもりもりとトルクを上げてどんどん登っていく、という感
じです。アクセルにほとんどさわらずに出勤できるとは、今まで予想もしなか
ったです。

ということで、今回も燃費計測コースを回ってみました。スタッドレスタイヤ
なので最高値は出ないことを分かっていますが、D-ラジ装着前は25km/Lを超え
ることができなかったのが、D-ラジ装着後は25.4km/Lにまで上がっていました。
そしてComunicare(Extra!)開発版をつけたところ、燃費最優先のための大前提
としていた40km/h定速を維持できなくなってしまいました。そこで、速度厳守
よりもアクセルワークに気を使って走ったところ、D-ラジ装着時とほぼ同じ
燃費となりましたが、平均時速は5km/h以上上回っていました。これもスゴイ
ですね。4月になってノーマルタイヤに戻すと、燃費がどれくらい伸びるか、
今から楽しみです。

ただ、エンジンルーム内にD-ラジとComunicare(Extra!)開発版を追加したた
ためか、少しフロントがヘビーになって、FF的感覚が戻ってきました。そこ
で、後部座席の床に敷いていたフロスタ(Calmare)を、トランクに移動しまし
た。これでまた、ちょうどよくなりました。

EB、BLB、Comunicareの中の一つだけをExtra!(でも開発版)にしただけでこれ
だけの変化です。EBとBLBもExtra!にしたら、すごいことになるんでしょうね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare by yk257938 -16/10/12(水) 19:51-
────────────────────────────────────
Comunicareを取り付けて1ヶ月突然変化が起きたので遅くなりましたがレビューです

取り付け当初トルクアップやレスポンスの変化は直ぐに表れましたが
剛性感アップの反面やや車体が重い感じがありました
他のチップとの位置的な相性もあるでしょうがレスポンスも荒い感じがあり
少しずつ付けているチップの位置をずらしたりして様子を見ていました

1ヶ月が過ぎ今日突然アクセルレスポンスがスムーズというか
エンジンの反応が格段に良くなり上手く表現できませんが回転の上がり方に粗さが無くなり18年11万kmになろとする旧車とは思えない気持ちの良い走りが出来ました

今までもチップを追加するたびに驚きがありましたが
今回のComunicareには驚きです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare(speciale!!)とDiritto☆56で激変 by フラン -16/7/13(水) 10:50-
────────────────────────────────────
月曜日の夕方、Comunicare(speciale!!)とDiritto☆56が届きましたので、さっそく付けました。

ご存じの通り、私のFIT3は、出力よりも燃費最優先のアトキンソンサイクル1.3Lに加えて
重くてフリクションロスのある4WDと、FIT3シリーズの中でも最も非力を誇る(?)グレードです。
それでも、大原さんのアドバイスをいただきながら、重量感と安定感(低重心)を持つラグジ
ュアリー仕様というFITの持つキャラクター性と逆方向の味付けをするとともに、一旦アクセ
ルを踏み込めば、メーカーチューンドの家内のFIT2 RS 4WDに近い動力性能とハンドリング
性能を持つという二面性をもたせることができました。

そして、今回で、エンジンとバッテリーには、EB(massimo!)+BLB(calmare)(speciale!!)+
Comunicare(speciale!!)+DI(i-leggenda)という分不相応な装備になりました。さらに、
前席の床にはフロスタ(calmare)(massimo!)
+Diritto☆56という構成となりました。

もともと、スポーツカー並に動的重心を下げて後ろ(運転手の尾てい骨あたり)にもって
いってあったのですが、2日たった今朝、走りが激変していました。今まで、「アクセルに
振れると定速走行」だったのが、同じに触れるだけでぐわっと加速するのです。さらに、
ハンドルに力を加えていないときは直進性がスゴイのですが、いったんハンドルを回すと、
切れ切れの4WS的コーナリングをするようになっていました。

今までは、「ぼく(FIT3)はがんばって動力性能を高めていま〜す」という感じだったのが、
「じつは、オレはスポーツカーなんだぜ」という迫力が伝わってくるんです。さらに驚いたのは、
そうなっても燃比が落ちていないところです。

やはり、チップ類の効果も侮れませんが、エンジンやバッテリーに接続するアイテム、
それからフロアに敷くタイプの効果はバカにできませんね。これで、EBを大原さんが開発中
の(calmare)(massimo!)バージョンにしたら、一体どんなことになるでしょう。楽しみのような、
怖いような・・・・

そして、2日目でこれです。2週間もたったなら、このFIT3はどうなっているでしょうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare(speciale!!)とDiritto☆56で激変 by フラン -16/7/13(水) 10:50-
────────────────────────────────────
月曜日の夕方、Comunicare(speciale!!)とDiritto☆56が届きましたので、さっそく付けました。

ご存じの通り、私のFIT3は、出力よりも燃費最優先のアトキンソンサイクル1.3Lに加えて
重くてフリクションロスのある4WDと、FIT3シリーズの中でも最も非力を誇る(?)グレードです。
それでも、大原さんのアドバイスをいただきながら、重量感と安定感(低重心)を持つラグ
ジュアリー仕様というFITの持つキャラクター性と逆方向の味付けをするとともに、一旦ア
クセルを踏み込めば、メーカーチューンドの家内のFIT2 RS 4WDに近い動力性能とハンド
リング性能を持つという二面性をもたせることができました。

そして、今回で、エンジンとバッテリーには、EB(massimo!)+BLB(calmare)(speciale!!)+
Comunicare(speciale!!)+DI(i-leggenda)という分不相応な装備になりました。さらに、
前席の床にはフロスタ(calmare)(massimo!)
+Diritto☆56という構成となりました。

もともと、スポーツカー並に動的重心を下げて後ろ(運転手の尾てい骨あたり)にもって
いってあったのですが、2日たった今朝、走りが激変していました。今まで、「アクセルに
振れると定速走行」だったのが、同じに触れるだけでぐわっと加速するのです。さらに、
ハンドルに力を加えていないときは直進性がスゴイのですが、いったんハンドルを回すと、
切れ切れの4WS的コーナリングをするようになっていました。

今までは、「ぼく(FIT3)はがんばって動力性能を高めていま〜す」という感じだったのが、
「じつは、オレはスポーツカーなんだぜ」という迫力が伝わってくるんです。さらに驚いた
のは、そうなっても燃比が落ちていないところです。

やはり、チップ類の効果も侮れませんが、エンジンやバッテリーに接続するアイテム、
それからフロアに敷くタイプの効果はバカにできませんね。これで、EBを大原さんが
開発中の(calmare)(massimo!)バージョンにしたら、一体どんなことになるでしょう。
楽しみのような、怖いような・・・・

そして、2日目でこれです。2週間もたったなら、このFIT3はどうなっているでしょうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■驚きのComunicare Massimo by 136039 -16/4/14(木) 0:42-
────────────────────────────────────

H21年式のヴェルファイア(2400)に取り付けました。

既にDocciaを付けてありましたので、効果はどうなんだろうと
思っておりましたが、結果は十分に満足いくものでした。

取付けて間もなく、アクセルを踏むと車が前に引っ張られるような感じの
パワーアップを感じ、驚いたのは、アクセルをラフに踏み込んでみた時に
ホイールスピンをして発進した事です。我が家の家族送迎用ミニバンが
ホイールスピンするなんて考えてもおりませんでした。市内走行時でも
エンジン回転数が1000位で十分に粘るので、運転するのが楽しい位です。
ハンドリングもしっかり感が増して、直進性が増したように感じます。
実は今年車検で、買い替えも検討しておりましたが、この調子ならまだ
乗り続けれると思い、エコロジーな商品だと実感しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■comunicareの威力 by しるばーれがお -16/2/8(月) 21:42-
────────────────────────────────────

装着してから1週間鈑金修理のために乗ることが出来ず、帰ってきた愛車の変貌ぶりに驚愕しました。

鉛の塊でも乗せたかのようなどっしりした安定感、それでいて実にしなやかな脚の動き、前後のスタビの機能が向上したようなコーナーリング時のロールの減少等・・・

恐ろしいまでにボディへの働きかけが強くなっていました。

エンジンに関しては、静粛性の向上が増していて、高級車の雰囲気を味わうことが出来ているように感じます。

フロスタを装着した直後のどっしり感に近い感じですね。

一度外したBLPPを再装着したので、相乗効果を期待しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare(massimo!)もすっかりなじみました by フラン -16/2/7(日) 11:49-
────────────────────────────────────

Comunicare(massimo!)もすっかりなじみ、エンジンルーム、居住区と独立してチルコンで立体に囲み、さらにDocciaの左右にチルコンをつけて「前に進もう」という車の「雰囲気?」がでてきて、とても気持ちいいです。
で、昨日、仮免許を取って路上に乗り出した長男が、半人前のドライバーという立場でこの最倹価グレードのガソリンFIT3の助手席に乗り、150キロほどドライブしてきました。
そして試しに尋ねてみました。「どうだい?」 すると、長男は一言で答えました。「バケモノ」
大原さん、本当に感謝です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare( massimo ) by 鈴木 -16/2/6(土) 9:46-
────────────────────────────────────
H24.12のBMW523iです。
前車のレガシーから乗り継ぎ、これまで装着していたBLB、フロアスタビ、エアクリ
ラジエータ、エンジンなどを付け替え、最近の Circondare も装着し、523Mスポーツでないので、もともと柔らかく、剛性感もすでに十分で、これ以上変化するのかと思っていました。が、しかし、装着直後、アイドリングストップが作動しなくなり、逆に効果あるが第一印象、次に、オーディオの音質が左右分かれてクリアになりました。1時間もしないうちに、車体の柔らかさがさらに増し、トルクも太くなっています。装着10日後あたり、これまで過給器音はあまり聞こえなかったのですが、聞こえます!!お〜エンジン音が澄んでいるのがはっきりわかります。
うれしい限り!大原さんいつも楽しませてもらい、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare を2個付け by skuri -16/1/31(日) 18:02-
────────────────────────────────────

 N−WGNターボに Comunicare( massimo ) を2個付けしました。

 スムースさは相変わらず特筆ものですが、今回はパワーにも変化を感じました。
「ガツン!」とくるいわゆるBLB程ではないのですが、それでも結構効いている感じで、アクセルレスポンスがECOモードでもかなりのものです。

 やはり倍のエナジーが効いているんでしょうね!それも (massimo!)であることもあるのでしょう。
低速域からのトルクに厚みが増したような印象です。その後の回転域でも同様にレスポンスが良くて元の1つにはもう戻せなくなりそうですね(笑)。
30プリウス用にと考えていたのですが。。。。

 エンジンの吹け上がりのスムースさにも効果が出ていて、とにかくスムースです! 暖気時のアイドリングの時にもその効果が分かります。
とても3気筒とは思えないバランスの取れたエンジンです。

 前回30プリウスでも投稿しましたが、Circondare を1枚だけですがフロントのある所に追加しました。
やはりエンジンへの効果が出ているようで、このポイントは良いかもしれませんね。この件弛緩しては、もう少し検証して(30プリウスも)再度投稿しようと思っています。
Doccia との更なる相乗効果を狙っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare by ホワイト 257626 -16/1/29(金) 22:26-
────────────────────────────────────

Comunicare装着後、約3週間経過して効果も十二分に出ておりますのでインプレを投稿させて戴きます。

Comunicareを無事に受取り、早速バッテリーの+端子に装着。夕方の装着であったので一晩経過したあと試乗してみる予定でしたが、急用ができ、装着後2時間程の経過で車を走らせました。走り出してまず最初に、おおっ!というぐらいいきなりのトルクアップを感じました。これは凄い、と思いながら翌日のドライブを楽しみにしておりました。ところが、翌日は、アクセルを踏んでもトルクが掛からないスカスカな状態になっておりました。その後、スカスカな状態は改善されて、ある程度もとの状態に戻りましたが、全体的な車体の重さを感じるようになりました。
アクセルを踏み込めば走るのですが(あたりまえですが)軽快さがなく重さがとれませんでした。でも、この状態は好転反応であるとの確信があったので、そのまま様子を見ることにしました。
その後、予想通り、装着4日目あたりから激変致しました。
今までの重さがきれいにとれて、軽快そのものに変わりました。また、このころからエンジンも凄く静かになり、ジェントルな感じに変わってきました。それからはよくなる一方で、とにかくエンジンは滑らかパワフルで、どのスピード域からでも気持ちよくあっと言う間にスピードが出ます。あまり踏み込まなくても、軽く踏んだだけでグングン加速して爽快です。また最近は、ボディー剛性も以前よりアップしており、足回りもキビキビしたものに変化しております。

ドッチャ、チルコン、ステルス等他のアイテムの効果もあると思いますが、とにかく滑らかパワフルで重厚感のある、けれどもスポーティな乗り味になり気持ちよく走っています。走れば走るほどよくなってきます。素晴しいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare(massimo!) 1週間目のインプ by フラン -16/1/29(金) 13:51-
────────────────────────────────────

FIT3 1.3Lガソリン 4WDにComunicare(massimo!)を装着して1週間がたちました。
運悪く、連日の降雪と重なり(今もみぞれが降っています)、さらに出勤時は零下5度以下、帰宅時も零下が普通で、最初は圧雪上、今ではアイスバーン上での運転がメインになっているので、Comunicare(massimo!)の効果を十分に確かめることができません。でも、落ち着いてきた1週間目を節目に、感想を書かせていただきます。

まずず一言目は、「あ、オレのチューンナップの大まかなところは一息ついたな」という充実感です。まだ細かなところで手に入れたいところはありますが、燃費を重視するために出力、トルク、レスポンス、そして重量(構造)を犠牲にせざるを得なかった、1.3Lという小型のアトキンソンサイクルエンジンをここまで変えられた充実感です。今まで、BLBやDocciaシリーズなどによって「おっ」というような性能アップが実現できてきましたが、今回のComunicare(massimo!)による更なる性能アップにより、「この排気量では、今後の大幅な性能アップは難しいかな」というところまできた感じです。そこまで、このComunicare(massimo!)で、(乗り心地など細かな点はまだ煮詰める必要はありますが)私にとっては「満足」の領域に達ました。今でこそリッターカーであるFITに乗っていますが、以前は親や息子などの家族を乗せ、また山に植物調査に行くために、サードシートまであるディーゼルのオフロードに乗っていたこともあります。サイズは全く違いますが、その時の感覚に近づいたのです。

具体的には、気になっていた1,000回転前後のトルクの細さがなくなり、発進時には1,300〜1,800回転による加速で十分になりました。気が向いて飛ばすとき以外は2,000回転も回す必要がありません。大排気量ディーゼルエンジンを積んでいるようなアクセルワークです。アクセルに足を「乗せ」たままでいて、うっかりそこまでエンジンが回ってしまうと、制限時速を超えてしまいます。そして、一端アクセルを踏み込めば、ディーゼルのような高回転での伸びの鈍りなどなく、今まで以上に、文字通りリニアにレッドゾーンにまで回転が伸び、加速が続くきようになりました。メーカーチュンドの軽快な家内のFIT2 RSの対局として、ラグジュアリーを念頭に「重量感」を持たせたチューンをしてきたのが豹変します。
また、TuneChipから始めてフロスタやEBによって高めてきたボディ「剛性感」が、例えばぺらぺらのはずのリッターカーのドアの鋼板が「厚くなった」という「重量感」を持つようになり、目をつぶってドアの開閉をすると、オフロード車のような感触にまでなりました。そして、乗り込むと、ボディ全体、特に各ピラーが「凝縮」したという感じになりました。やはり、コードでつなぐ装置は、「新空間系」にはないこのような効果が出るのが魅力です。(それでいて室内が狭く感じるどころか、本来のスペース以上の開放感があるのは、エンジンルームとはまた独立して、居住区を立体的に囲んでいるチルコンのおかげでしょう。本当に絶妙な組み合わせです)そして、ディーゼルエンジンと逆に、BLBやDIなどによって静かになっていたエンジン音が、とうとう運転席からはほぼ聞こえなくなりました。信号待ちしているときは、外気を入れるファンの音しか聞こえません。コンビニに寄ったり、帰宅した時にエンジンを切り忘れるほどです。

また、もともと重心を低くしてありローリングをほとんどしないので、カーブでもスピードを落とさずに曲がっていたのですが(ですから、スマホのAPPによる運転評価では、コーナーリングは常に低得点です)、それがさらにはっきりとしてきました。特に、フロスタをボディ最後部に後ろ向きに付けることで、FF的なコーナーリング(滑ったときだけ4WDになるので購入当時はこうでした)や引っ張られるという加速感から、「ボディが回る」という4WS的感覚や後ろから押されるというFR的加速感にしていたのですが、それがさらに顕著になり、ちょっとスピードを上げてコーナリングすると、ほとんどローリングせずにオンザレールでくるりと回っていくので、乗っている人はもろに横Gを感じるようになってしまいました。残念ながらこの点については、家族には不評になってしまいました。
あとひとつ残念なのが、燃費が多少悪くなったことです。ただ、路面凍結しているところを多く走っているので、あくまでも感覚的なものですが・・・・

とにかく、Comunicare(massimo!)はすごいです。これでやっと、今の自分がもとめている「小さな高級車」ができた感じです。あとは、イラディなどの位置の微妙な位置の調整などで、さらに煮詰めていきます。

とりとめもなく書いてしまいましたが、Comunicare(massimo!)を筆頭に、このような製品群を開発して下さった大原さんに、本当に感謝です。そして、これらの組み合わせと、取り付け位置の設定のおもしろみを教えていただけたことにも感謝です。


■書きわすれました by フラン -16/1/29(金) 17:49-
────────────────────────────────────
一つ書きわすれていたことがありました。

ヘッドライトが非常に明るくなりました。今までも、バッテリーにイーテックの製品を付けるたびに香料が増加してきたのですが、今回のが最大です。そして、老来との時のエッジが非常にはっきりとしてきました。この明るさならHIDランプはいらないと思ってしまうほどでした。

ほんと、車全体にすごい効果を出しますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare が届きました! by skuri -16/1/27(水) 18:16-
────────────────────────────────────

サイズが小さいことに驚きましたが、中身のエナジーが大きいということですね! 小さい方が何かと取り付けやすいので、これは大歓迎です。

 早速、1個をN−WGNのバッテリー(まずはマイナス端子)に取り付けましたところ、アイドルストップが効かなくなりました。
元々、プラス端子専用のグッズですので、昨日プラス端子に付け替えたところ、アイドルストップが復活しましたが、やはり取説通りにしなくてはいけませんね(笑)。 今では問題なくアイドルストップが利いています。

 さて、エンジン等への効果ですが、一番感じるのは「滑らかさ」が増しているということです。兎に角エンジンスタート時からのアイドリングでも、エンジン音に変化を感じますね。 今までよりもマイルドなエンジン音で、BLBとは大違いです。
BLBの時には、パワー感を感じるくらいの音の変化がありましたが、今回はそれはなく、とにかくスムースなエンジン音という印象です。

 出足のパワー感についても、BLBの時のような「ガツン!」とくるパワーを感じる吹け上がりを感じることはありませんが、気付かないうちに「スーー!」と前に進んでいる感じが強く、スムースに吹け上がっていきます。
この感じは回転数が上がっても変わることなく、どの回転域でもエンジンオイルを交換した時のようなフリクションのないスムースな感じなのです。
「パワー感」を期待している方は拍子抜けするかもしれませんが、これが Comunicare の特徴なのだと思っています。 兎に角スムースですよ!

 ボディ剛性に関しては、今のところあまり変化を感じていません。これは Circondare をボディ&エンジンルームの上下に付けているからかもしれないですね。
Circondare のお陰で、乗り心地に変化が出て、今までリアが跳ね気味だったのがドッシリと落ち着いてくれてとても乗り心地が良くなりましたので、今のボディ剛性に関しては何の不満もありません。(魔法の絨毯ですね!)

 以上が、2個注文したうちの1個をマイナス端子に付けた印象ですが、まだあと1個残っているので(これは30プリウスかアウディTTに付ける予定なのですが)、一度2個付けしてテストしてみようと考えています。

 またその時にはBBSでお知らせしようと考えています。
まだまだ取り付けで数日しか経っていないので、今後まだ色々な変化が出ると思いますので、その時にもお知らせしたいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare(massimo!) インプ 私も by フラン -16/1/23(土) 7:12-
────────────────────────────────────

夕方に装着して明日の朝まで寝かしておくつもりだったのですが、装着後2時間の夜7時半になって、急に次男が「シャーペンの芯が終わったから買いに連れていって」ということなので、すぐそばの文真堂まで行ってきました。そしてこの2時間で、もう変化が現れていました。まず、ライトがさらに明るくなり、そのエッジが線を引いたようにくっきりとなりました。「これ、HIDヘッドライト、必要ないじゃん」というほどでした。そして、ドアをあけようとしてまたびっくり。 TuneChip(leggenda-2)で2ランク上の剛性感になり、さらにフロスタ(massimo!)(leggenda3)でドアの密閉感が増すとともにしめる時の音までランクアップしていたのが、さらにドアの「鋼板」が厚くなったような「重み」になっていました。目をつぶってドアを開ければ、スリーナンバーの車と思ってしまいます。やはり、ボディ全体が変わっていますね。

実は、職場の友人から「フィットを買おうと思うんだけど」と相談されているのですが、私の車では「試乗」に使えませんね。エンジンのトルクや出力、燃費、ボディ剛性やローリング、直進性等、とんでもない誤解を与えてしまうのが目に見えています。

残念ながらエンジンについては、今回の雪のために圧雪の上を慎重に走ったのであまり試すことはできませんでした。でも、エンジンの始動時の振動と音の少なさが、OLST(leggenda-2)をスターターに2つつけているのに、さらに良くなっていました。アイドリングストップも、ほとんどタイムロス無し、作動音や振動ほぼ無しです。そして、1400回転からトルク感が・・・・ ディーゼルでなくて、ほとんど電気モーターの感覚ですね。

やはり、ボディやライトなどにこのような直接的な効果を及ぼすのは、「新空間系」ではなくて、エンジンやバッテリーにコードでつなぐこれらのシリーズですね。EBの復活のように、この系列の開発もぜひ継続していっていただくように、お願いいたします。

Comunicare(massimo!)、効果大ですよ。お楽しみに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Comunicare(massimo!) by funnyboy 257396 -16/1/22(金) 23:24-
────────────────────────────────────

日産ティーダ1,8G(6MT)

今回届いた新製品をみてビックリ。「あれっ、コレってもしやstandard?」と一瞬不安に思いましたが、製品に貼ってある表示を見て安心したくらいmassimo版がコンパクトになっていました。BLPPの後継ということで新製品の効果を試そうと、装着していたBLPP(massimo!)を取り外してComunicare(massimo!)を装着しましたが、BLPPを装着していたせいか、効果は2〜3日で完全に落ち着いたようです。

効果のほどはと言うと、一言でいうと「実になめらか、気持ちのいい伸び」という感じです。BLBのダブル装着やEL、OLSTなどのおかげで、強いて言えばトルク指向のエンジンになっていたかも知れませんが、1800回転以下の超低回転域では若干トルクが落ちましたが、実にエンジンの回り方が自然になり、肩の力が抜けたいい感じで回ります。
そこからは伸びる一方で、3速にシフトアップした時は結構トルクアップを感じます。とりわけ5000を超えた回転域からは一気に回転がREVまで上がりました。

これまでも私は「BLPPが凄過ぎて、それに比べるとBLPPが物足りない」と投稿しましたが、このComunicare(massimo!)は、かなりの効果を得られます。繰り返しますが、とにかくなめらか、気持ちいい伸びが味わえます。Comunicare(massimo!)は「お・す・す・め」です。

あと、オーディオの音が変わりました。少し不自然なくらい音の解像度が上がり、ひとつひとつの音がよく分離しています。凄く音がストレートになり、ロックには最適でしょう。ただ、余韻や響きを楽しむムード音楽やサウンドトラックには向いてないかもしれんません。いずれにしても音質の調整が必要になります。


■訂正:Comunicare(massimo!) by funnyboy 257396 -16/1/28(木) 20:39-

────────────────────────────────────
1/22のインプレ投稿で「BLPPが凄すぎて、それに比べるとBLPPが物足りない」
とありますが、正しくは「BLBが凄すぎて、BLPPが物足りない」です。

イーテック製品を全て試した訳ではありませんが、装着して約1週間経ち、
私の中ではComunicare(massimo!)はNo.1アイテムですね!

私の経験から言うと、1.BLB(ダブル装着推奨) 2.Comunicare 3.Tune Chip
この3アイテムは、「イーテック三種の神器」と勝手に思っています。

※ネガティブな事も書きますが、個人的見解なので御赦し下さいませ。m(__)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━