業務形態 
 
小さなガレージメーカーです。
開発、製造、販売、ホームページ製作、販売まで
一貫して自社でおこなっております。
 企業理念 
 日本で最もお客様を大切とするメーカーであること。
 
アイテム開発ポリシー 
 全ての車に運転する歓び、感動を
 

 1999年に誕生したチューンチップ、チューンチップの目指すものは、運転していて楽しいと思えるような車との一体感、そして乗り心地、燃費などの改善、「トータルドライバビリティ」の追求です。

 置くだけ、貼るだけで乗り心地の改善等の効果があり、装着位置調整する事で乗り心地、ハンドリングを調整でき、好みの車両剛性感を自由に変化させ、車の乗り心地を調整できる喜びがあるアイテム、それが「チューンチップ」です。

 貴方の愛車の乗り心地、ハンドリング、エンジンの調子を永久に良くして下さい。
旧車であろうと、スーパーカーであろうと経年劣化してしまった車でも問題無く調整出来ます。


  スポーティで安定感があり、腰がある走りの調整実現を目指して開発してきた「チューンチップシリーズ」に加え、新たに車内に置くだけで 「どっしりと安定して高速走行できる」「重心が低く、フラットな乗り心地」を目指して開発した【CPDシリーズ】、「乗り心地の良さ、しなやかさ」を目指して開発した【CPEシリーズ】、そして2012年より、新しい開発したエネルギーを封入した【SCCシリーズ】も加わることとなりました。更に2013年CPDシリーズとCPEシリーズを高次元で融合させた【INFINITYシリーズ】を開発。
2014年には原点に戻りアルミ素材を最大限に活かした製品の開発(leggenda)(i-leggenda)

2015年に(leggenda-2)へ更に進化。。。

 車の安定した走りを支えていているものは主に下回りのフレームやストラッド部、ピラー部。そしてその剛性バランス(剛性感)なのです。乗り心地はボディの剛性感と足回りのセッティングのバランスで大きく変わります。新車時でも、使用している鉄鋼材等によって乗り心地は大きく違ってきます。設計、製造方法は変わらなくとも、製造時期などによる個体差は当然のように出てきます。

  また、経年劣化、金属疲労等でバランスは悪くなるばかりです。そんなアンバランスで乗り心地、操縦性能が落ちた愛車をチューンチップでベストバランスに調整して上げて下さい。調子よかった頃以上のバランスで走らせてあげて下さい。

 車を使い勝手や見た目の良さで選んでしまった貴方、また家族ができたのでファミリーカーに乗り換えてしまったが、運転をしていて楽しくないし、乗り心地が良くないと思っている貴方。また長年の使用により乗り心地が悪くなったと思われている貴方に、もう一度運転する喜び、駆け抜ける喜び、新たなる車の楽しみ方を知って頂きたいのです。
 フロアスタビ、BLB、TuneChip(leggenda-2)シリーズ、シンプルシリーズ等で調整すれば、それが可能となります。

 当方では、車のボディ等の調整ができるアイテムを豊富に揃えております、装着可能箇所も多く何から手を付けたら良いかが判らないと思います。適材適所に装着しないとバランスが狂ってしまい、乗っていて全然楽しくない車になってしまう事もあります。

  ですが、旨く調整できると車を乗り換えたかのような変貌を遂げることができるんです。
「剛性バランス」「ボディーとタイヤのバランス」「重量バランス」「吸排気バランス」「エンジンのバランス」「燃料と空気のバランス」が旨く調整できると馬力が無くても運転していてとても楽しく、乗り心地が良い車となるんです。

 皆様も御自分の感性を信じてチューンチップでじっくりと調整にチャレンジしてはいかがでしょう。イーテックは今までには無いアフターパーツとして独自の道を歩いていきたいと思っております。どうぞ今後とも宜しくお願い致します。


 P.S. お客様とのおつき合いが一番大事ですから、こんなサービスはできないの?とか、
    もっと乗り心地を良くしたいが良い方法はないか?と言ったご希望、問題等があればメール
    下さい。私でできることでしたら何とかしましょう!

  代表 大原 愛称:太腹


大原のラインIDは tunechip 
チューンチップグループ




電話 / FAX
092-593-6816
※午前中がつながりやすいです。
携帯電話
090 - 3602 - 2564
※お困りの時はどうぞ。
Mail
tunechip@tnb.bbiq.jp
URL
http://www.tunechip.com

 
 
   【サイズ:200×40】
   
  ※こちらをHTMLにお貼りください。
 
 
   【サイズ:88×31】
   
  ※こちらをHTMLにお貼りください。
 



All Rights Reserved, Copyright (C) 2013. E@Tech