投稿  ┃ ツリー表示  ┃ スレッド表示  ┃トピック表示 ┃ 検索  ┃設定  
11 / 2046 ←次へ | 前へ→

新型ジムニー(JB64W)にチューンチップを装着した感想 その2
←back ↑menu ↑top forward→
 あるが  - 20/7/21(火) 7:10 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 5ztnoez6.jpg
・サイズ : 76.8KB
   2020年6月25日以前に以下のチューンチップを装着した。

1. SPをラダーフレームに6個、バッテリーのマイナス端子に3個重ね、プラス端子に一個
2. Damperを前輪後輪計4個
3.Airをエアーフィルターボックス上に2個
4.RCをラジエター中央に一個
5. EXを排気管(太鼓の前)に一個
6. Steeringをステアリングコラム下方に2個

これらの効果がよかったので、2020年7月前半に以下のチューンチップを取り付けた。最後のBLB Rを装着して一週間以上経過したのでレポートする。

CXをボンネット内の後方中央部(左ワイパー起始部下)の装着
waterをラジエーターの上部ホースに装着
wideGをラダーフレーム中央よりやや前方(X型のクロスメンバー付近)
SPをボンネット(エンジンルーム)の四隅に装着
BLBRをバッテリーのマイナス端子に装着

                        
具体的にどのチップがどのように効いたかはわからないが、総合的に走行の変化について報告する。

アイドリングはかなり静かになっていたが、さらに静かになった。またアイドリング時の振動も少なくなった。   
バッテリーの電圧が以前は13.8V前後であったが、14.2V前後まで高くなった。
ライトが明るくなった。また、ロービーム時のカットラインに虹のような色が薄く出るようになった。
音響が明らかに良くなった。スピーカーを交換しようと思っていたが、ヴォーカルの定位がはっきりとわかるようになっため、スピーカー交換の必要を感じなくなった。
高速道路進入時によく使う60km/hから100km/hの時間が短縮できた。装着する前のデータはないが、おそらく20秒以上かかっていた。それが18秒に短縮した。さらにBLB Rを装着したところ、14秒に短縮した。これで安心して走行車線に進入できる。
BLB Rを装着して一週間以上経過してから感じたことであるが、ガツンときていた段差の乗り上げが、しなやかになった。
いつも通る山道のカーブを以前は40km/h以下で曲がっていたが、BLB R装着後はスピードを落とさず60km/hで曲がることができた。これには驚いた。ジムニーなのに、まるでスポーティカー並みの足回りではないか。
燃費について:燃費はチューンチップ装着前は毎回給油時11.8km/l前後だったが、11km/l前後に低下した。この理由はアクセルを吹かし過ぎているためである。以前はアクセルを深く踏み込むことはなかった。その理由は、アクセルを踏み込んでも加速しなかったためである。しかし、チューンチップを付けまくった結果、アクセルレスポンスが向上し、きびきびと走るようになったため、ついついアクセルを吹かしすぎるのである。
エアコンの効きが良い。とにかく良く冷える。         
今後、エアコン配管にESAC、インタークーラー上部にAir、最後にGrannde Energiaを取り付ける予定である。効果については後日報告する。


* 最後に:
 ジムニー(軽)のような比較的車重が重い車で非力(軽)な車にチューンチップは最適と思える。とういうのは高性能車ではすでに馬力などが十分なため、チューンチップで性能をかさ上げしたところで、効果をはっきりと自覚できないのである。非力だったり、古い車で性能が落ちてきたりしている車の方が効果がわかりやすいと思える。車の持っているポテンシャルを十分に引き出すことができるようである。


添付画像
【5ztnoez6.jpg : 76.8KB】
266 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@M014012001065.v4.enabler.ne.jp>

新型ジムニー(JB64W)にチューンチップを装着した感想 その2 あるが 20/7/21(火) 7:10 [添付]

11 / 2046 ←次へ | 前へ→
   投稿  ┃ ツリー表示  ┃ スレッド表示  ┃トピック表示 ┃ 検索  ┃設定  
ページ:  ┃  記事番号:   
85534
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free