古い資料ですが、ご参考下さい。
 



 一言で言うと、乗り味が良く、走りの良い車はボディ剛性感(ボディバランス)が良く、足回りとのバランスが優れた車なのです。

 しかしながら、金属疲労、車体の経年劣化等により新車購入時の乗り味は何処かへ・・・。消耗品(ブッシュ、マウント類)を交換しても乗り味は思い描いたようには甦ってはくれません。タワーバーやブレースで補強してなんとか・・・なりませんよ!変に乗り味が硬くなるだけです(^◇^;)

 車両剛性はスポット溶接、ウレタン充填等で上げることもできますが、走行しながらバランスを取ることは出来ないので、全体の剛性を上げることだけの作業となります。剛性は良くなっても、剛性感(走行時の剛性感(動的剛性バランス)は良くはなりません。
 一旦行った作業はもう元に戻すことはできません。高いお金を出して作業しても、なかなか思い通りの剛性感に戻せないのが現実です。

 良く聞かれますが、剛性は良くなれば良くなるほど、剛性感(走行時の剛性感(動的剛性バランス)も良くなる?答えは「NO」です。剛性を上げることはタワーバーの装着や、スポット溶接等で一般的には可能です。しかしながら、車にとって最も大事なのは「剛性感があり確実で安心してコントロールができる剛性感(走行時の剛性感(動的剛性バランス)の良い車」なのです。

 剛性感(走行時の剛性感(動的剛性バランス)が上がると運転が楽しく感じられます。ハンドリングが軽快になり思ったように曲がってくれるし、高速道などでのレーンチェンジがスムース且つ安全に行える。コーナーを曲がるときにも不安を感じないで運転することができるようになるのです。
 目指すべき車は「剛性感(走行時の剛性感(動的剛性バランス)が良い車」です。

チューンチップの開発は車両剛性感の追求でもあります。

 剛性向上と剛性感向上は違うんです。 剛性の強弱を巧く付けてあげることで剛性感は良くなる。こう理解して下さい。

 人間で言うと、陸上選手ですね。足腰だけを鍛えても早く走れないのと同じように、車でも車高調整できる良い足を装着しただけでは早く走れないのです。そう、柔軟性がある筋肉がありバランスが取れて、はじめて気持ちよく早く走れるのです。

 チューンチップなら何度でも簡単に装着位置を変更できますから、愛車に合った剛性感、剛性バランスに調整できます。チューンチップでじっくりと調整してみて下さい。車の剛性感やバランスが理解できる様になり、調整がおもしろくなってきますよ。車の乗り味、ハンドリングが良くなり、人馬一体の感覚がおわかりになると思います。


   
さぁ、皆さんも剛性感の向上、スポーティな走りへの調整、
   燃費向上等にチャレンジされてみませんか?


 
 
 
 
 調整の基本、先ずは最も重要な部分であるAピラー中央下部(ドアヒンジ付近)を調整して1,2日様子を観て下さい。
(もしくは、フロントサイドメンバー、サイドシェル前方ジャッキアップポイント近くでも有効)

 車の剛性が良くなった場合には操舵感覚が今までと違うはずです。ハンドルが多少重たく感じる場合がありますが、これは異常ではありません。剛性バランスが変化し、タイヤの接地性が上がりハンドルが重たく感じるのです。この方向に変化している場合はバランスは良くなっていると言えます。いつものコーナーでのハンドリングが楽しくなっている事と思います。

 フロントの感じは良くなったのだけれど、リアがゴツゴツして跳ねるような軽い感じがする場合はチップをサイドシルから後方へ、また車の下からリアメンバー部分のリアタイヤ前から後方に移設して調整して様子を観て下さい。バランスが変化するはずです。
 リアエンドまで移設して様子を観たけれどバランスが取れなくてリアがばたついている場合には、リアの剛性不足が考えられますので、チップを追加装着して下さい。
 追加装着して行くと、高速道路などでのピッチングやロールに違和感を感じる場合があります、そんな場合は、車の中央であるBピラーやクロスメンバー、センタートンネル等への装着で調整して観て下さい。

 上記の調整を行っていると自然と愛車との対話が出来るようになり、フロントのサスペンションをもうちょっと固めにしても良いなぁ、ショックの性能が悪いなぁ、Bピラーの剛性を上げたらもう少し良くなるかな・・・と言った様に段々とわかるようになります。調整の方法は、愛車のコンディション、好きな剛性感の違い等を考えると無限大にあると思いますが、基本的には「Fun to drive」が出来るように調整できますので時間を惜しまず、ステップバイステップ、トライ&エラーで楽しんでください。
それがチューンチッパーとしての極意であり至福への道です。

 純正車両で車高調やローダウンサスペンション、ショック、インチアップタイヤ、幅広タイヤを装着して、「ゴツゴツ、ゴトゴトして乗り心地が悪くなった。」と良く聞きます。その大きな原因は路面からの入力がタイヤ、ホイル、ハブ、アーム、サスペンションやショックアブソーバを経て変更された足回りより弱いボディにもろにつたわるからです。(下図 ボディ強度は同じ条件)
 レーシングカーやポルシェ等はボディ剛性が高いのでバネレート10kgオーバーでも足回りが固く感じないのです。

 
 ↓左図はしっかりした剛性のボディの場合
↓右図は経年劣化したボディの場合
 上図右の場合は足回りがしっかりしてはいるのですが、これだとボディがよじれてしまってミシミシ鳴るでしょうね。足だけで走っているようです。ストラッド部には、割れ、クラックが発生するかも知れませんね。最近のローダウンブーム?からか、足から強化されている方が多いようですが、それは間違いです。剛性のないボディに、固いサスペンションは最悪な乗り心地ですね。格好良さだけに騙されてはダメですよ(^^;

 この様な車両の場合は、剛性感にとって一番大事なAピラー部やフロントメンバーの強化は勿論の事、ストラッド部等、全体に渡ってボディバランスを調整し直す必要があります。どっしりとした乗り心地重視の調整はTuneChip(FL)、TuneChip(leggenda)やフロアスタビ等を中心に調整されると良いでしょう。

 しっかりしたスポーティな走りを追求するのであれば、ボディの調整から取り組んでから、Damper用チップ、Stabi用チップ、Brakeチップ等で脚を強化すると良いでしょう。はじめから剛性の高いボディの車でしたら、Damper用やStabi用等の足回りアイテムから始められても良いでしょう。





 下図の様にエナジー量、種類、またボディの材質、接合の有無によって伝達範囲には違いがあります。

 広い範囲にエナジー伝達できるチップ、狭い範囲で伝達するチップ、エナジーが強いチップ、弱いチップを無限大に組み合わせることで、無限大の調整が可能となります。最高に調整できる場合もありますし、装着しただけで調整無しの状態ですと逆に貼らない方が良い場合もあります。


 チューンチップでのチューニングは絵に色をのせて行く過程に似ていると思います。
エネルギーの大きなアイテムですと(例えばEB)結構な山盛の色を一点に置く感じ。
その後、色はどんどん広がって(滲んで)行きますよね。広がっていく過程で、あーーー
これ以上広がらないで!と言っても無理なんです。変化途中でのナイスなフィーリングは
とても強いエネルギーが一点集中的に拡散しないで存在しているからです。

 BLBや Comunicare は車両全体に色が付いていく感じです。数多く付けると強力に色が付いて
いきます。車の電装系など全体の感じは良くなって行くのですが、乗っていてバランスが悪く
乗り心地も硬いし、楽しくない。

 そんな色が一色になって広がってしまった時は、後から車両バランスを取るための重要なポイント
に色を付け足していくと良いです。付け足し調整は強力なアイテム(目立つ色)は必要ありません。


 調整用のチップとしてはシンプルシリーズやTuneChip(leggenda)シリーズ等を使って下さい。

 
 
※実際にはボディ右側も対象となるように装着してチューンして下さい。 

 図のチップは旧型チップとなりましたので、最新のチップに置き換えてご覧下さい。

 SEM  →  TuneChip(FL) や TuneChip(leggenda-2)(L)
 SEAM → TuneChip(FT) や TuneChip(leggenda-2)(T)



※ボディ調整には歪みの逃げ(遊び)が必要です。チップの種類で強弱を付けると旨く調整できます。
 最新のチップはエネルギー伝達範囲が更に広くなっております。
 特にBピラーは人間で言うならば腰にあたりますので、柔軟性が必要となります。
 装着は慎重に時間をかけ様子を観ながら行ってください。


 
 下記の図はエネルギー伝達を解りやすくイメージ化したものです。
 ご参考下さい。エネルギーが強いチップは広い範囲に渡って(エンジンまでも)
 エネルギーが伝達いたします。


【チューンチップ(AM)等磁力のないチップ】 【チューンチップ(FL)等磁力があるチップ】
   




 Aピラー上部は人間で言うなら、そうですねぇ 肩部と言うべきでしょうか。前輪を支え、エンジンの重みに耐えている凄い部位なんです。(ここを巧く調整すると直進安定性、足回り動きが向上します)
 
 
 Aピラー近くの調整には TuneChip(leggenda-2)(L)、チューンチップ(FL)等がお薦めです。
 効果の方向性がありますので、シリーズに並べて設置する際には、磁力の向きを合わせて下さい。

 *装着位置を3,4cm変更するだけで効果は変わってきます。




 Aピラー下部からサイドシェルはピッチングが減少し、乗り心地が良くなる傾向、人間で言うなら背骨と胸骨、その周辺の筋肉ですね。体幹を安定させてます。(乗り心地、直進安定性の向上)
 
 
 フロントフロアへの装着例(センタートンネル部より前方部位の調整(図左上)と
 リア部位の調整(図右下))。
 効果の方向性がありますので、シリーズに並べて設置する際には、磁力の向きを合わせて下さい。
(車体中央部の調整は乗り心地が悪化する場合がありますので、ご注意下さい。)
 
 
 


 
 リアシート下のセンタートンネル近くのフレームに。この部位は車の下に潜らないと装着できないので大変だが、人間で言うなら腰骨なんです。乗り味が良くなるんで是非トライされて下さい。
(車体中央部の調整は乗り心地が悪化する場合がありますので、ご注意下さい。)



 ここも人間で言うなら体幹を安定させている重要な部位です。前部の荷重などを支えている部位なんです。(メンバーの後方 直進安定性が向上、ハンドリング向上、足元辺りの剛性が上がる傾向)
(車体中央部の調整は乗り心地が悪化する場合がありますので、ご注意下さい。)
 
 
 効果の方向性がありますので、シリーズに並べて設置する際には、磁力の向きを合わせて下さい。
 
 
 
 効果の方向性がありますので、シリーズに並べて設置する際には、磁力の向きを合わせて下さい。
(車体中央部の調整は乗り心地が悪化する場合がありますので、ご注意下さい。)



 人間で言うなら腕部と言うべきでしょうか。前輪を支え、エンジンを抱え重みに耐えている部位です。(ここを巧く調整すると直進安定性、足回り動きが向上します)
 


 ストラッド上部や横はフロントの足の動きがクイックになる傾向にあります。(ボディ剛性が弱い場合は脚が固くなる可能性あり)
 
 
 効果の方向性がありますので、並べて設置する際には、磁力の向きを合わせて下さい。
 
 


 コーナリングが安定するなど直進安定性、走行安定性が向上する傾向にあります。
 


 剛性感が向上し、どっしりとした重量感のある乗り心地になり、走行が安定する傾向にあります。
(車体中央部の調整は乗り心地が悪化する場合がありますので、ご注意下さい。)
 


 人間で言うならウエスト部で、ある程度柔軟性があった方が良いと思います。中央部に多く装着するとピッチングが増える傾向にあります。(前後のボディバランスを整える意味で装着すると良いです)
(車体中央部の調整は乗り心地が悪化する場合がありますので、ご注意下さい。)
 
 
 効果の方向性がありますので、シリーズに並べて設置する際には、磁力の向きを合わせて下さい。


 リアの剛性が低いと後部座席に乗ると跳ねる感じがして気分が悪くなってきます。原因はリアのスプリングレートが高すぎるためです(4,5名乗車時は丁度良いのだが・・・)。
 リアメンバーへの装着(車両下部)もお薦め!!

(車体中央部の調整は乗り心地が悪化する場合がありますので、ご注意下さい。)

 


 コーナリング時にリアが安定し良く曲がり、乗り心地も向上する傾向になります。
 


 後部の捻れ剛性向上によりコーナリング時の安定性、乗り心地、直進安定性向上の傾向になります。
 




 足回りの調整はあなたが走る常用速度域によって違ってきます。
 普通乗用車の場合、スプリングレート(バネの強さ)もショックアブソーバーも時速100km以下で走る場合を基準に決められている場合が多い。最近の車でも100km巡航で恐いくらいにピッチングしたりする場合もあるけどね。

  ショックアブソーバーの性能はDamper等で調整可。乗り心地の好きずきによって調整方法は異なるのですが、ショックの性能は高いほうが良いね。今までピッチングしていた車がウソのようにしなくなるからだ。ボディは一定の高さを維持して、猫の足の様に衝撃を吸収してくれる。

 
 
 並べて設置する際には、出来れば2〜3cm離して装着下さい。
 
 


 コーナリング時のロールを押さえ車体の傾きを安定させるのがスタビラーザーの働き、スタビラーザーはStabi、ペイント等をスタビの曲がり部分近くに装着してスタビを調整してください。
 


 スプリングの硬さの調整はチューンチップペイントで可。
 履いているホイールの重さや、一般公道仕様にするのか、スポーツ志向にするのかで違ってくるのでチューンチップペイントを塗る際は半巻き分からスタートしよう。
 ボディ剛性が上がって、猫足になりすぎた場合に最適!

 塗りすぎには注意されて下さい 1巻き分からはじめましょう!
 




 乗り心地まで変貌させるタイヤワックスが今まであっただろうか。
 タイヤのサイドウォール&スポーク部にスプレーして放置乾燥後に磨き上げるだけで、
 今までゴツゴツしていた脚の動きが軽やかに感じられます(噴霧20分後〜)。タイヤ
 に光沢を出し、ロードノイズが減少し、かつグリップ力が違ってきます。
 特に扁平率の高いタイヤ、ローダウン車両のゴツゴツ感、乗り心地の悪さにお悩みの方にはお薦めです。
 
 
 写真の様にサイドウォールに少量(1本あたり20cc)を吹き付けるだけです。もしくは接地面へのスプレーをして下さい。水溶性の液体なので、油と馴染みませんので、タイヤスプレーをする前にスプレーして下さい。


 ホイールのスポーク部、リム部にバランス良く貼ることでタイヤの性能を2ランクアップしたかの様な乗り心地へ激変します。(ホイール用チップ(4枚〜/1ホイール)
 
 
 アルミホイールのスポーク部orリム部へ装着(マグネシウムホイール、アロイホイール、スチールホイールでもOK)。
 
 


古い資料ですが、ご参考下さい。
 




All Rights Reserved, Copyright (C) 2013. E@Tech